冷え性

防寒グッズ使ってる?知らないと損しちゃう、寒い時に温まる方法は?

寒いのが苦手すぎる夢子です。寒い時に知ってりゃよかった!という温まるグッズや方法をまとめます。

知らないと損するって本当ですね。

この記事では、とにかく寒く過ごしたくない方のために。防寒対策にこれは実践すべきといえるあたたかいグッズや方法を紹介します!

特に体で冷えるのは足。でも安心してください、屋外でも安心できる、神のような足ポカポカの防寒グッズが存在します!

こんなに心地よく過ごせるならば、さっさと使っておけばよかった!と後悔するかもしれませんよ。

ダウンのブーツが足の底冷えを救う!

真冬に外にでかけた時、とても居心地が悪い思いをすることがありませんか?

寒い、とにかく寒い・・・。

そう、寒いのってけっこうしんどいです。

しかし、こんなに心地よく防寒してくれる、素晴らしいグッズがあったとは・・・。

私が真冬に一押しするのは、「ダウンの靴やブーツ」です。

靴の足を覆う部分に羽毛が仕込まれています。

ノースフェースなどのアウトドアブランドなどで購入することができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TNFららぽーとTokyo-bay(@tnf_tokyobay)がシェアした投稿

こんな感じのですね。

撥水加工がしてあるものなら、雨でも雪でも大活躍です。

冷えを感じるのは、まず足元。騙されたと思って試してみてください。

寒い冬にこんなにもありがたいものは存在しないだろう、というレベルです。

外にいても全然だいじょうぶ!冷え性の私でも、余裕さえ感じることができます。

ただ、気をつけることは暖房が聞きすぎた屋内に入ると非常に足が蒸れます。

電車に乗ったり、屋内に移動したときにそれでも寒い極寒の真冬ならいいのです。

が、冬でも今日は少し暖かいね、なんて日に誤って履いてしまうととんでもないことになります。

ただただ、足元の冷えが怖いときにはとにかく頼りになるアイテムです。

最高ランクの足元防寒グッズが、ダウンの靴、ブーツなのです!

大きなマフラーやストールで、耳・口・鼻先・首を守る!

ダウンの靴、ブーツの次に寒い時におすすめしたい防寒グッズが、耳から首を覆う生地が多めのマフラーやストールです。

カシミヤなんかだといいですね。

生地多めのストールだと、鼻・耳・口から首まで保護してくれます。

寒がり、冷え性の方にとって、かなりのお助け防寒グッズだと思いますよ。

マフラー・ストールは屋内では外し、屋外で寒くなったら使えるので、使いやすい防寒グッズといえます。

寒い時、耳や顔って本当に冷たくなりますよね。鼻先とか冷たいし、耳は痛くなるし。

寒い時は、3つの首を温めようっていうやつです。

足首はダウンのブーツであたため、首を温め・・手首も手袋で温めておく。

マフラー・ストールも、あると安心・防寒グッズとして便りになるアイテムです。

お腹を温めると全体がポカポカ

寒い時、冷えを感じるときにお腹を温めると、驚くほど全身がポカポカします。

もし家にいるときは、お腹に小さな湯たんぽを置いておくと、じんわり心地よく温まることができますよ!

屋外での防寒グッズとしても使えるのが、お腹を温めるのに最適な腹巻き。

これひとつあるのとないのでは、全然違います。

寒い時の冷えを予防するので、腹巻きはすごくいい防寒グッズです。

私は化学繊維に弱くてお肌も乾燥してしまってダメなので、機能性インナーはつけません。

余談ですが、お肌が弱い人は、防寒・発熱インナーなどが化学繊維じゃないか確認した方がいいですよ。

過去には、化学繊維の防寒・発熱インナーを着用していましたが、かゆみがひどくて。

私は化学繊維の防寒・発熱インナーをやめたらかゆみがかなり改善しました。

個人的には、綿素材の腹巻きが好きで、防寒対策グッズとしていつも使っています。

とにかく動く!体を動かして芯から発熱!

これはけっこう無理やりなんですが、とにかく動きまわる。体がぽかぽかしてきます。

寒くて縮こまった体をストレッチあたりから徐々にウォーミングアップして、体を伸ばしていくと気持ちよく、さらに動くとほかほかしてきます。

状況によっては動けないときもありますが、寒い時にあえて野外で動くのも、意外と気持ちいいのであえて意識して動くのもよいです。

たとえ家の中でも、部屋を片付けたり掃除したりで動くとけっこう体が温まってきますしね。

寒い時は意識的に体を動かすのも効果絶大です!

防寒グッズや寒い時温まる方法・まとめ

寒い時に温まる方法、防寒グッズの私のおすすめをまとめてみました。

  1. ダウンのブーツ、靴で足元ぽかぽか
  2. ストール、マフラーで冷たい耳から首まで守る
  3. 腹巻きで冷えを予防
  4. とにかく体を動かして、発熱しちゃう

ダウンのブーツは、一度履いてしまうと抜け出せない暖かさです。

首やお腹を冷えから守るのも有効です。

温まるためだけに意識して体を動かすというのも、意外といいですよ!

ぜひ寒い時のお試しくださいね♪