子育て

子供がユーチューブばかり見る!やめて欲しい時の唯一の方法は?

最近では、便利なことに、家庭のTVでもインターネットが繋がっている場合は多いですよね。

うちでは子供を放って置くとYouTubeばかり見ていることがあります。というかほぼそうなります。

うちの小学2年生は本当に動画が好きで、ずーと見ていたいようです。まるで中毒状態です。

で、気がつくと子供の喋り方がなんか変に・・・。気がつくとユーチューバーのマネしてたんですよね。

この記事では、子供に動画見るのをやめて欲しくて、色々試したこと、その結果子供がどうなったのかを書きます。

そもそもなぜ子供に動画を見せたくないか

私の主観的な感覚なのですが、子供が動画の影響で、変な喋り方するんですよね。

で、気が付いたのが、「ユーチューバーのマネしてる」ってこと。

そして放って置くと延々ユーチューブを見てる。で、長男がみてるから次男も一緒に見てる。

見ている動画の内容と言えばこんな感じです。

  • 人気ユーチューバーのゲームの実況
  • 人気ユーチューバーが子供が買えないくらい多くのおもちゃで遊ぶもの
  • 人気ユーチューバーが100万円を使う
  • 人気ユーチューバーが部屋に溢れるほどのおもちゃを購入するもの
  • 人気ユーチューバーが高級なチョコレートを食べるもの
  • 違法アニメ

子供がユーチューブを見ているのを観察すると、ユーチューバーが大金を稼いでいる理由もよくわかります。

すきなユーチューバーの動画を延々と繰り返しみていますからね。

需要と供給ってやつですよね。

違法にアップロードされた、著作権無視のアニメを見させるのも、あまりいい気分ではありません。

放置すると中毒のように見ているし、子供の喋り方は影響されてるし、です。

どうにかしてユーチューブを見るのをやめてもらいたいと思いました。

子供がユーチューブを見るのをやめるように試したこと

子供はやめろ、というと反発してもっと見たい気持ちが高まるものです。

どうにかしてユーチューブばかり見るのをやまさせたいと、試したけれどイマイチだった方法は3つほどあります。

ユーチューブ禁止

子供の様子をみていると、ユーチューブを視聴していると、中毒みたいなもので、ひとつ見ると、どんどん次の動画がみたくなるようです。

一度強制的に見るのをやめさせたらいいのでは?と思ったんですよね。

そうすると反発しながらも、一旦は他の遊びをするのですが、やっぱり子供のユーチューブを見たい気持ちはすぐに復活するようです。

これだけでは全然効果がありませんでした。

なんで?なんで?と反発があるだけのことでした。

先生をダシにする

次に学校の先生をダシに使いました。

  • 〇〇先生が、ユーチューブはよくないって言ってたよ。(実話)

小学校2年生なので、先生に対する尊敬の感覚はもっています。

これは少し効き目があり。

「そうなの・・・?」といって考えている様子でしたが、それでも「見たい!」という気持ちのほうが強いようです。

かなり我慢をさせられている感じで、動画を見たい欲求は止まらないようでした。

1日の動画視聴時間を決める

ユーチューブの1日の動画の視聴時間を30分と決めました。

これは少しだけ効果がありましたが、きちんと子供自身で時間管理するのは難しく「もう時間だよ」と声をかけるしか止めることができないんですよね。

でも、限られた時間の中で自分が見たい動画をみなければいけない、という観念ができたよう。

なんでもかんでもエンドレスに見るのではなく、気になるものをピックアップして厳選して動画を見るようになりました。

ただ、決められた時間が終わっても、「ねえ、もうちょっとみていい?」と声をかけてきます。

見ていなくても、「ユーチューブを見たい」と思っている時間があるのもなんか微妙ですよね。

禁煙中、禁酒中の人が我慢しているときと同じであまり健全でもないな、と感じていました。

子供がユーチューブから離れるのに成功した方法はひとつだけ

考え方を変えて、子供がユーチューブ以外のことに夢中になっていればいいのだ、と感じた私。

家にいなければユーチューブは見ないから、外にでかけたりしているときは大丈夫。

問題は家にいるときですね。

家にいるときは、できるだけウノやトランプなどのカードゲームをしたり、将棋やオセロを一緒にしようよ、と呼びかけました

ほんとうのところは、私が子供と一緒に遊ぶより、子供に好きなようにユーチューブを見せていた方が楽です。

私の家事は捗るし、子供も静かにずっと集中して動画を見ています。

でも子供にとって家族でゲームをしたり、将棋やオセロをするのも面白いみたいです。

息子は夢中になって、どうやったらゲームに勝てるのかと策をめぐらせています

で、とうとう将棋もオセロも息子と大人が同等に戦うレベルまで達してしまったのでした。

「ユーチューブ見たい」という息子に「それなら、トランプやろう!」などとねじ込みます。

ちょっと強引な感じもありましたが、一緒にカードゲームやボードゲームをやったら、楽しんでいるよう。

自分から「ウノやろう」「将棋やろう」と言ってくるように。

一緒に次男も遊べて、ふたりとも家にいるときは「ユーチューブ」だったのが他の遊びに目がいくようになりました。

ユーチューブ中毒から変わった現在の子供はどうなった?

そんなこんなで、過去ほどユーチューブの中毒状態から脱した息子です。

この方法だと、まあ親の時間と手間がかかることは間違いないので、そこは大変ですよね。

ですが、家で動画を見る以外に他の遊びがあることを再認識したのか、最近は兄弟でもよく遊んでいるようになってくれました。

次男が4歳半になって、年齢的に一緒に遊べるようになったというのも大きいのかもしれません。

結局のところ子供は、ユーチューブの動画を見ること以外に楽しいことがあればOKなのですよね。

子供がユーチューブばかり見る!やめて欲しい時の唯一の方法・まとめ

今回のユーチューブばかり見てしまう問題のことで、家でろくに一緒に遊んでいなかったことに気が付きました。

この頃の子供は、ユーチューブを全く見ないということはないですが、1日30分程度というのはだいたい守っています。

私にとっても、子供との関わりを見直すいい機会になったし、子供が遊び相手として期待してくれるのをちょっと喜びながら相手しています。

ユーチューブばかり見るのが悪いわけではないですが、他の遊びも工夫してやることで選択肢も広がるし、今のところいい感じです。